くも膜下出血の原因、脳動脈瘤

脳動脈瘤の症状・診断・治療法を説明した情報サイト

あなたの身近にいるお医者さんを探す
あなたの身近にいるお医者さんを探す

このサイトは患者さまあるいはご家族の方へ脳動脈瘤の症状・診断・治療法に関する医学情報をわかりやすくお伝えすることを目的に日本国内外の学会およびお医者さまのご協力を得て制作・運営されています。

脳動脈瘤とは?

脳内の動脈にできた異常な膨らみ(こぶ)が脳動脈瘤です。我が国では毎年人口1万人あたり1.5〜2人に脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血が生じていると推定されています。脳動脈瘤は破裂によって明らかになる場合が多く、破裂すると血液が脳周辺のくも膜下腔に流れ込み、くも膜下出血を引き起こします。くも膜下出血は、出血性脳梗塞や脳機能障害を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

そのため、破裂した脳動脈瘤(くも膜下出血)に対する最も重要な治療は再出血を防ぐ治療です。未破裂で見つかった動脈瘤にも、破裂予防のための治療を実施します。

脳動脈瘤の治療方法

我が国では毎年人口1万人あたり1.5から2人の人がクモ膜下出血を発症しています。

脳動脈瘤の発生率

  • 脳動脈瘤を持つ患者さんのうち、年間でおよそ 0.2〜3.0% の方が出血する可能性があるといわれています。
  • 米国では、動脈瘤の破裂によるくも膜下出血の発生件数は年間 3万人を超えています。米国ではこのうち 10〜15% が病院に到着するまでに死亡し、50% 以上が破裂後 30日以内で死亡しています。さらに、生存者の約半数にも、何らかの永続的な神経脱落症状が認められると報告されています。
  • 脳動脈瘤はすべての年齢層に発症が見られますが、最も多いのが 35歳から 60歳の層です。
  • 割合でいうと女性 3 に対して男性 2 とより女性に脳動脈瘤ができやすい傾向にあります。
監修者:
(敬称略 50音順)
安陪 等思・坂井 信幸・佐藤 浩一・滝 和郎・
寺田 友昭・根来 真・瓢子 敏夫・兵頭 明夫・宮地 茂

※このサイトは米国神経放射線治療学会運営のBrainAneurysm.comサイトの姉妹サイトで、内容は米国の事例などが多く含まれます。
 
臨床研究ハイライト


破裂頭蓋内動脈瘤 2,143 例における開頭手術(クリッピング術)と血管内治療(コイル塞栓術)に関する無作為臨床試験(ISAT)
破裂脳動脈瘤において開頭との比較により血管内治療で Modified Rankin Scale 3 から 6 で...


我が国における破裂脳動脈瘤塞栓術多施設共同研究:Retrograde Endovascular Subarachnoid Aneurysm Treatment (RESAT)

国内の脳血管内治療の中心的施設における脳動脈瘤塞栓術の治療成績を...


くも膜下出血の予後とカリフォルニアの病院での治療症例数との関連性
症例数が多い病院で治療を受けているくも膜下出血症例は、結果が良好で...

詳細はこちら >


カリフォルニアにおける未破裂脳動脈瘤の治療
特定の地域における未破裂脳動脈瘤の治療結果に与える血管内治療の影響を決定...
 
ホーム | 脳動脈瘤の症状・診断 | 治療方法 | 患者さんの体験談 | 臨床研究 | 資料集 | ニュース・記事 | 医師検索
プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ
Copyright 2014 Stryker . All rights reserved. ご利用規約
ボストン・サイエンティフィックジャパン