• ※このホームページの掲載内容は、医師の監修を受けています。
  • ※最適な医療は、個々の症状等に合わせたものでなければなりません。したがって、治療については、医師の診察を受けて、そてください。
  • ※このホームページ「ご利用にあたっての注意」をお読みの上、ご利用ください。

用語集

脳動脈瘤に関する用語(五十音順)

ガイディングカテーテル:脳動脈瘤の血管内治療の際に、患者さんの頚部の脳血管に挿入する柔軟な管。頚部の脳血管に留置されたガイディングカテーテルを通して、マイクロカテーテルのような頭蓋内に導入される小さな機器を脳内の血管へと送り込みます。

開頭手術:頭蓋骨の一部を一時的に取り除いて行う外科手術。

ガイドワイヤー:狭い部位や屈曲した部位への挿入が可能な細くて柔軟なワイヤーで、カテーテルのような機器を目的の部位に導くために用います。脳動脈瘤の血管内治療で使用されます。

カテーテル:体内の腔や管、血管に挿入する柔軟な管で、その内部を液体が通過したり、その経路を広げたりすることができます。脳動脈瘤の血管内治療で使われます。

くも膜下出血( SAH ):脳動脈瘤が破裂すると、脳を囲んでいる腔(くも膜下腔)に出血を来たし、くも膜下出血となります。脳動脈瘤の破裂によるくも膜下出血は、出血性脳卒中、脳自体の損傷による身体および精神の障害の原因となります。最悪の場合は死に至ることもあります。

血管内:血管の内腔側のこと。

血管内治療(コイル塞栓術):脳動脈瘤をコイルを用いて閉塞し、動脈瘤内に血液が流れ込むことを防ぐ手術法で、コイル塞栓術とも呼ばれます。脳動脈瘤の診断と治療のために、この方法は動脈内の血流を利用して脳に到達するという自然の経路を利用していると言えます。

出血性脳卒中:血管の破裂によって引き起こされる脳卒中。脳の内側または周りで出血することが特徴です。破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血は出血性脳卒中のひとつです。

低侵襲性治療:従来の外科手術にかわる代替技術。リスク、外傷、費用、手技にかかる時間、術後ケアの必要性を減少します。脳動脈瘤の治療にも用いられます。

電気離脱式プラチナ製コイル:脳動脈瘤を閉塞(もしくは充満)するために使用される極小のプラチナ製コイル。コイルはデリバリーワイヤーに取り付けられていて、マイクロカテーテルを通して脳動脈瘤に到達します。脳動脈瘤内に正確に留置された後、コイルに通電すると、電解分離によってデリバリーワイヤーから分離します。

動脈瘤:動脈壁の異常な膨らみ。

脳動脈瘤:脳内の動脈壁が膨らみ破れやすい「薄くて弱い瘤(こぶ)」のような状態になることで、頭蓋内動脈瘤とも呼ばれます。

マイクロガイドワイヤー:マイクロカテーテルを誘導するためのガイドワイヤー。

マイクロカテーテル:脳動脈瘤の血管内治療のための診断および治療用物質を通すための非常に微小なカテーテル。脳動脈瘤治療では、目的部位まで、マイクロガイドワイヤーの誘導のもとに進めます。