くも膜下出血の原因、脳動脈瘤

脳動脈瘤の症状・診断・治療法を説明した情報サイト

あなたの身近にいるお医者さんを探す
あなたの身近にいるお医者さんを探す

脳動脈瘤の治療方法

脳動脈瘤の治療では、開頭手術(クリッピング術)または低侵襲の血管内治療(コイル塞栓術)が用いられています。しかしながら、診断された動脈瘤がすべて治療されるわけではありませんし、両者の治療方法ですべてを治療できるわけではありません。患者さんはどちらの治療法が適しているのかを決めるために、専門医に相談する必要があります。

■ 開頭手術 クリッピング術 ■

動脈瘤に到達するために、外科医師はまず開頭術によって頭蓋骨の一部を取り除きます。そして、脳組織を剥離し、脳動脈瘤のできた血管を確認し、脳動脈瘤の頚部(脳動脈瘤と正常な血管の境)を小さな金属製のクリップで閉鎖し、血液が脳動脈瘤に流れ込むことを防ぎます。その後、頭蓋骨を元通りにして皮膚を縫合します。


■ 血管内治療 コイル塞栓術 ■

血管内治療は血管の内腔から治療部位に到着するため、体にとって侵襲の少ない治療方法です。脳動脈瘤の場合、コイル塞栓術と呼ばれる血管内治療が実施されます。外科手術とは異なり、コイル塞栓術は開頭術を必要としません。直接に脳血管・脳動脈瘤を見て治療をする代わりに、リアルタイムのX線透視画像下に血管を視覚化し、血管の内腔から脳動脈瘤を治療します。

脳動脈瘤の血管内治療はカテーテル(細いチューブ)を足の付け根の大腿動脈から挿入し、大動脈を通り頭部の脳動脈瘤まで誘導します。このカテーテルを通して塞栓物質(極めて細いプラチナ製コイル)を脳動脈瘤の中に詰め、脳動脈瘤内に血液が流れ込むのを遮断することで破裂を予防します。血管内治療に使用されるプラチナ製コイルはX線透視下で視認が可能で、脳動脈瘤の形状に一致するように柔軟な構造になっています。この血管内治療(コイル塞栓術)は、全身麻酔または軽い鎮静剤投与のもとに行われます。

プラチナ製コイルによる治療を受けた患者さんの数は、全世界で 12 万 5,000 人を超えています。このプラチナ製コイルの開発についてもう少し説明していきます。

脳動脈瘤の症状は他の症状と見分けることが難しい場合も多く、(破裂および未破裂)脳動脈瘤を確定するためには以下に説明するような神経放射線学的な診断が用いられます。


■ 血管内治療(コイル塞栓術)と開頭手術(クリッピング術) ■

破裂脳動脈瘤の治療

脳動脈瘤治療におけるクリッピング術と血管内治療の比較研究の多くは、最近まで小規模か過去の症例記録の解析に依存した過去治療例の分析でした。その中で、唯一「ISAT: International Subarachnoid Aneurysm Trial 」だけが臨床試験で最良とされる多施設共同の治療時無作為ふりわけ臨床試験方法で、破裂脳動脈瘤治療における開頭手術(クリッピング術)と血管内治療を比較しています1

この試験の結果をみると、開頭手術(クリッピング術)と血管内治療のどちらでも治療可能と判断された患者さんグループにおいては、術後 1 年時の生活が自立している患者さんの割合に関して、血管内治療の方が開頭手術(クリッピング術)に比べて顕著に良好な結果を示しました。 1 年時の死亡または介護を要するほどの重い後遺症の出現する相対リスクに関しても、開頭手術(クリッピング術)と比べると、血管内治療によって治療された患者さんではリスクが 22.6 %低い結果でした。

試験の結果が非常に説得力があるため、試験を実施していた委員会は本来 2,500 例登録予定のところ 2,143 例を登録した時点で試験を中断しました。試験のため開頭手術(クリッピング術)の患者さんをふりわけるのはもはや倫理的ではないと決定したためです。ただし ISAT が示した治療初期(1 年後)における血管内治療の圧倒的な優位さが長期にわたって継続するものであるかどうかの評価は、長期にわたる経過観察が必要です。

ISAT の特徴は、クリッピング術を行う脳神経外科医と血管内治療を行う専門医によって、いずれの技術でも治療可能であると判断された破裂脳動脈瘤症例を対象にしていることです。この試験は、破裂脳動脈瘤の患者さんは、治療方法を決定するにあたって、血管内治療が可能かどうかの診察を受けるべきだという確たる証拠を示したことになります。

未破裂脳動脈瘤の治療

未破裂脳動脈瘤に関しては、血管内治療(コイル塞栓術)と開頭手術(クリッピング術)を比較した多施設共同無作為臨床試験はまだ実施されていません。過去治療例の分析研究によると血管内治療は開頭手術(クリッピング術)と比べて、リスクの減少・入院期間・回復期間の短縮が認められていることが分かっています。研究からは以下のことが示されています。

  • クリッピング術を受けた患者さんの平均入院期間は、血管内治療の患者さんの 2 倍以上です2
  • クリッピング術後に新たに症状や障害が出現する割合は、血管内治療の 4 倍と高くなっています3
  • またその症状や障害の回復期間について、大きな違いが認められました。ある試験によると、クリッピング術を受けた患者さんの平均回復期間が 1 年であるのに対して、血管内治療の患者さんの平均回復期間は 27 日間でした3

脳動脈瘤の外科的治療と血管内治療に関する論文の詳細は、臨床研究のセクションをご覧ください。

1Molyneux A, Kerr R, Stratton I, Sandercock P, Clarke M, Shrimpton J, Holman R. International Subarachnoid Aneurysm Trial (ISAT) of neurosurgical clipping versus endovascular coiling in 2143 patients with ruptured intracranial aneurysms: a randomised trial. Lancet. 2002: 360: 1267-74.

2Johnston SC, et. al. Surgical and Endovascular Treatment of Unruptured Cerebral Aneurysms at University Hospitals. Neurology. 1999; 52:1799-1805

3Johnston SC, et.al. Endovascular and Surgical Treatment of Unruptured Cerebral Aneurysms: Comparison of Risks. Ann Neurology. 2000; 48:11-19

 
 
ホーム | 脳動脈瘤の症状・診断 | 治療方法 | 患者さんの体験談 | 臨床研究 | 資料集 | ニュース・記事 | 医師検索
プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ
Copyright 2014 Stryker . All rights reserved. ご利用規約
ボストン・サイエンティフィックジャパン